プログラミング講座

スクラッチプログラミング教室
ますは、動画をご覧ください。

スクラッチプログラミングとは?

小学生、中学生を対象としたプログラミング講座です。
2020年から小中学校でプログラミング教育が必修化されます。
当教室では、パソコン、プログラミング、ロボットプログラミングを総合的に学びます。
Scratch(スクラッチ)でプログラミングを学ぶことで、想像力を引き出すだけでなく設計や問題解決など「自分で考える力」を身に付けることができます。
できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有しましょう。!また、NHK Eテレでは『Why!?プログラミング』でプログラミングソフトとして公式に採用されています。

コース名
受講料(税別)
内容
プログラミング講座
月謝¥4,500
60分x月2回
小中学生を対象にしたプログラミング講座です。世界中で使われているプログラミング言語「スクラッチ」を使用してプログラミングの基礎を学びます。Scratchでどんなものを作ってみたいですか?可能性は無限に広がります。

プログラミング講座カリキュラム

  1. はじめてのプログラミング
  2. 作ってみよう
    • 物語メーカー
    • フィズバズ
    • アリシミュレーター
    • なんでもクイズ
    • かえるのうた(輪唱)
    • 100mハードル
  3. mBotを動かそう

講座ではプログラミングだけでなく、タイピング、ワード、パワーポイントも使用するため、パソコン全般に詳しくなります。プログラミングを学びながら自然にパソコン操作が身に付きます。

動画ではマイクロソフト創業者ビルゲイツやfacebookのマーク・ザッカーバーグがプログラミング教育の重要性について語っています。(英語)

 


ロボットプログラミング教室

プログラミングを学びながら「自分で生み出す・考える」力を養います。
一般的なロボット教室では、パソコンは使わずに車や歩行型のロボット作成だけのところが多く見受けられます。マテリアル駅家のロボット・プログラミング教室はそういった「ロボット」のみでなく、生活の中にある信号機や自動ドア、踏切など身近な『もの・機械』と、それを制御するプログラミングで構成されています。

コース名 内容
ロボット・
プログラミング講座
月謝¥9,000
90分x月2回
身近な道具や機械、ロボットの製作と制御をアーテックブロックとSTEAMを意識した教材で学習するロボットプログラミング講座です。ロボットプログラミングの授業は子どもたちが自分なりの方法を考えて課題を解決したり機器を作成します。もちろん失敗もするのですが、修正が容易な特性のために幾度となく試行錯誤を重ねて、最後には皆が結果を出せます。だから楽しく、だから集中できるのです。

ロボットプログラミング講座カリキュラム

例:ディベロッパー(1年目)

  1. プログラミング入門
  2. 歩行者用信号機の制御
  3. 自動ドアの制御
  4. マニピュレーターの製作
  5. カタパルトの製作
  6. テルミンの製作
  7. ベーシックアームの製作
  8. 犬型歩行ロボの研究
  9. ウォシュレットの製作
  10. 面白貯金箱の開発
  11. リンクカーの製作
  12. アーム玉入れロボの開発